読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録。

自分の思った事を連ねていきます。不定期更新。

久々、エミレーツスタジアムに行ってきた

  • Arsenalが好きになったきっかけ

アーセナルに出逢ったのがイギリスに留学した時だった。

たまたま留学してお世話になっていた家の家主がアーセナルサポ、(1件目はクリスタル・パレスのサポーターだったのだが)家主の友人がスパーズサポだったのだけれど(笑)、「行っておいで」と言われ、良かったら見に行ってみよう、と何も考えずに見に行ったのがアーセナルの試合だった。

 

当時の自分はアーセナルに対しての知識なんてあまりなかった。イギリスにあるサッカーチームだという認識だけだったし、サッカーもテレビでみるのがせいぜい良い所だったのだけれど、そんな自分がいきなりプレミアリーグを見に行く事になった。

サッカー初観戦がプレミアリーグとは中々だ。

 

ともあれそこから自分はアーセナルが好きになった。

 

  • イギリスへ

久々に訪れたイギリス。

自転車旅を始める前にイギリスで色々やりたい事や見たい物は見ようって事で、アーセナルの試合を見に行く事にした。

試合はArsenal v Manchester City。赤と青の対決なのだが、如何せん両者共に人気のあるチームだ。ダフ的なサイトで手に入れると大変にお金が掛かるので正規価格で購入する。

ここ数年自分はチケット争奪戦には恵まれているかもしれない。

 

飛行機の搭乗の関係で、Heathrow Airportの近くのホテルを取っていたのだが、ここのホテルがまた割となボロホテルで、評価がかなり低いホテルだった。Wi-Fiは通じない、値段に見合ってないと散々なホテルだったのだけれど、そこにイギリス独特のさむーい天気が重なり、体調を崩してしまった。

 

「それでも試合には行かなきゃな」と思い張り切って準備をする。

 

マフラー、よし!ユニフォーム、よし!チケット、よし!財布、よし!おれ、つよし!

 

といつもの確認をしてボロホテルを出た。

ボロホテルだろうが何だろうが、試合に勝てば、勝ちさえすれば元気で帰れる!!!次の日からも頑張れる。サッカーサポとはそう言う人種である。

 

「出る前に負ける事考えるバカいるかよ」

https://www.youtube.com/watch?v=OgopmA7PhiM

 

とはアントニオ猪木の言葉である。全くその通りだ。

 

電車に乗り込んでしばらくすると、赤い服を着た集団が来て、こちらを見てにやっと笑い、電車の中でトッテナムモウリーニョを批判するチャントを歌い出した。ちなみに俺の元家主はモウリーニョが大嫌いだそうだ(笑)

 

スタジアムが近いぞ。

アーセナルサポで満員になった電車を降り、アーセナル駅に到着した。

f:id:shohei6194:20161210114705j:plain<どうでもいいけど真ん中にうつってるこいつらは無関係です。お前ら誰や。>

 

あまり美味しく無い(察して下さい)ハンバーガーと紅茶を飲み、記念マフラー(おそらく非公式であろう)を買って、スタジアムの中へ。Red Army!の掛け声と一緒に通路を進んで行く。

f:id:shohei6194:20161210114755j:plain<ついに来たぜ、我が聖地!>

  • いざスタジアムの中へ

エミレーツスタジアムに到着すると、荷物検査があり・・・。

荷物をあまり持って来ていないのでするっと通れたのだけれど、カード式チケットに懐疑的で、一度キャンセルされてしまった。

係の人が「ごめん、案内する場所間違えてた!」と言ってくれて事無きを得たのだが、危うくパブで観戦になる所だったじゃ無いか…おーこわ。

と言う訳で無事入場。

f:id:shohei6194:20161210114051j:plain<VICTORIA CONCORDIA CRESCIT。勝利は調和から生まれるという素敵なクレストである。>

今回観戦場所に選んだのはNORTH BANK。素敵応援が繰り広げられる素敵な場所でもある。

f:id:shohei6194:20161210115024j:plain<NORTH BANK入り口。すてきやん。>

 

イギリスの応援は自然発生な応援なのだけれど、このゴール裏は中々に熱い場所。

試合開始までは月曜開催の試合で12月だってのにビールぐびぐび飲んでる人が居て、寒く無いのかなあ…って思ったり、グッズをちょっと見てみたり、隣の人とお話しして仲良くなったり。。。

f:id:shohei6194:20161210115110j:plain<どうぞ今日も1−0でこの歌が歌えます様に・・・>

f:id:shohei6194:20161210114046j:plain
<試合開始前。のんべんだらりとしている。クリスマスなので帽子を被っている人もちらほら。>

と言う訳で選手入場+コレオなどがあり(ARSENAL TOGETHER)試合開始。

盛り上がりは最高潮。なんせこれで首位が決まっちゃうような、そんな大事な試合だから、仕方は無いわな。

f:id:shohei6194:20161210115219j:plain<戦が始まる…!!!>

 

  • 試合開始

試合開始の笛がなると驚く程の歓声が上がる。

30分位は攻めたり攻められたりな展開で、周りの人は「早く決めろ!」とか叫んでいるのだけれど、そうそうサッカーって点を入れられるスポーツじゃない。とはいいつつ、自分も叫んでいたのだが。

 

そして33分。アーセナルのTheo Walcottがまずは先制、1点目をぶち込んだ。

相手の青いサポーター達はしーんと静まり返っている。こちらも一瞬何があったのか分からない静寂、そしてその後に思いっきり叫ぶサポーター。これだよこれ、これがサッカー観戦の醍醐味だよ!苦しい時とか拙攻に文句言いながらも、それでも耐えて耐えて耐え抜いて、チャンスを掴み取ってもぎ取った一点。そりゃあ喜ばない訳が無い。

しかもシティ相手に先制だよ!こりゃ…勝たせて貰うしか無い!

 

1点取ってからは皆で"To the Arsenal one-nil"を大合唱。

 

自分が大好きなエジルが目の前で物凄い早さで動いている。ジルーも凄い。攻めてるなあ。

DFの皆も頑張って守ってる。このまま攻めてもう一点が欲しい…!

 

f:id:shohei6194:20161210115623j:plain

コーナーキックするエジルさん>

さあ、試合も終わるかな、と思った45分+1…、何とジルーが決めてしまった!

 

  • ジルーが決めた!

NORTH BANKから向こうのゴールは中々見えづらいのだけれど、ただ、入ったのは分かった。向こうのサポーター(アーセナルの)がぶわーっと立ち上がり、狂喜乱舞するのが見えている。

まさか、まさか前半の最後の最後に入れるとは。こちらも狂喜乱舞で皆とワイワイ言って喜び合う。

隣の人と握手したり何だりして居るうちに、ハーフタイムに入った。紅茶を飲んで休憩して、いざ後半戦へ。

f:id:shohei6194:20161210115432j:plain<ジルーさんありがとうございます。ありがとうございます。>

  • 相手の攻撃に耐えて…

後半は相手がやはり2点も取られた焦りだろう。めちゃくちゃ攻めて来た。

3点目が遠いなあ。結構良い線行ってるんだけどなあ…

 

しかしこのまま行けば勝てるぞ!と思った82分、ヤヤ・トゥーレがどごーんとゴールをぶち込んだ。

エミレーツが静まり返り、相手サポの青いのがえらく盛り上がっている。

ぐぬぬ

 

こうなれば同点になるなー!なるなー!って雰囲気が出て来る。

 

そして、叫び倒して最後…2-1で勝利する事が出来た!

f:id:shohei6194:20161210115343j:plain<シティ相手に勝っちまったよ…!>

試合の終わり

2-1で勝てた。イギリスに来て好きなチームの勝ち試合を見れた。

これってかなり幸せな事だと思う。

試合は勝負事なので、勝ちたいと思って見ても勝つ事が出来かったりする訳で。

そう言う意味では試合を勝って見る事が出来た事、勝ちで終える事が出来て良かった!

 

更にゴール裏から帰ろうとすると、Arsenal FanTVの人に逢う事が出来て握手させてもらった。かなり良い人だった。個人的に大ファンだったので嬉しい。

勝ち試合の余韻を味わいながら、夜のエミレーツを後にした。

f:id:shohei6194:20161210115703j:plain<また来たいなあ…>

  • 終わりに

エミレーツスタジアムはイギリス在住でもなければイギリス国籍を持たない自分にとっては中々来れないスタジアムだ。

だけれど、サッカーを好きになるきっかけをくれたスタジアムだ。

そしてそこには自分が愛すべきアーセナルってクラブがある。

それだけで良い事じゃないか。

 

人生しんどくなったら、イギリスに来ようと思った。

しんどくなった時に行ける場所が幾つかあるのは大切な事だとも思った。

試合を見ればきっと元気も出る筈だし、若い時に勇気を振り絞ってイギリスに来てみた事も思い出すだろう。

そういう人生も良い物かもしれない。

 

試合情報

Arsenal 2-1 Manchester City

試合会場・時間:2015/12/21(月)20:00~ エミレーツスタジアム(イギリス)

得点:セオ・ウォルコット/オリヴィエ・ジルー/ヤヤ・トゥーレ

観客数:60053人