備忘録。

自分の思った事を連ねていきます。不定期更新。

10年間の友人関係

人間関係と言うか、知人・友人関係の事で色々と最近話し合う事があった。

で、出た意見がこれだったので、少しそれについて。

suzie-news.jp

実際にこういう意見もあるし…

 

3年以上続く人間関係はまれです | ワーク・ライフ・アンバランス

こういう意見もある。


・最近のネットでの人間関係について思う事


で、その前にちょっと思う事などを色々と。

昔のHPと比べて変わった事と言えば、連絡の取りやすさなのかもしれない。

それでも、Twitterであれ、その他のSNSであれ顔をほぼ知らない人もいる。

例えばFacebookにしてもそうだけれど、一度逢ってから多分一生逢わないまま終わる人もいるだろう。

Twitterにしてもそうだけれど、同じ共通点と言うだけで繋がっていて、逢う人はとことんまで逢うのだろうけれど、逢わない人は逢わないだろうし、更に言えば”合わない”となればもう逢うと言う事は無いのかもしれないな、とふと思った。

今のネットの人間関係ってのは結構一つのツールだけで成り立ってない。

更に言えばそれを切ってしまえば逢うのって難しいんだと思う。


・脆さみたいなもの

別に今のSNSとかツールを全て批判している訳では無いのだけれど、脆いよなあ、と思う。

例えば入っているSNSが一つだったとする。共通点はそこしかない。そのSNSを切ったらそこで関係は無くなる…

と言う意味では脆いなあと思う。

そこでしか逢えない人間関係みたいな物は確かに昔のHPにもあったにはあったのだけれど、ただ今とは違ったよな、と。時間決めてチャットしたり、そういうのがあったなあ、、と思ったり懐かしい事も思い出した。

SNSはやはり脆いと思う。サービスが終わってしまえばそれまでだから。

 

  • 10年って長い

10年って多分過ぎ去ってしまえば短いのだろうけれど、時間としてはかなり長い。

分かりやすく言えば…生まれた子供が10歳になる。オリンピックが2回来る。

3・3・4で順調に続けて行けば、中学、高校、大学と人間関係が変わる年数。。。

そりゃ離れる人もいるし近づく人もいるだろうし、関係が切れる人も居ればまた新しく関係すら生まれるかもしれない。結婚するかもしれないし、それで人間関係も変わるかもしれない。

だから、10年経てばそりゃ人間関係って変わっていくだろうなあ、って思うし、その期間付き合って行ける人なら恐らく相当な確率で縁は続いて行くんじゃないだろうか、と思う。

 

・それでも続く人は続くだろうし…

楽観的に考えれば、続く人は続くんだろうなあ、と思う。

逆もまた然りなのだと思う。

 

で、まあそういう話を友人と延々としていた時に、「10年付き合えれば凄い事」と言う話をした。

10年、過去を振り返ってみればそうだなあと思った。

中学時代から大学時代で人間関係が変わっていったように。

 

多分この時間はまだまだ続くのだろうな、と思った時間が続かなかった事も事実ある。それは時間の流れだから仕方が無い事だとは思う、高校の時の話だが。

前述したSNSみたいな物で繋がっていた人が、飽きを理由に去って行ったパターンもある。

Twitterを長く触っていなかった間に去って行った人もいるし、共通の物で繋がっていたけれど、その対象に飽きたからと言う理由でそこから離れて行った人も事実居る事は居る。

ただ、最終的にはそういう色んな人との繋がりの中で、この人って言う人が見つけられたらそれは凄い事だろうし、人間関係って突き詰めて行けばそう言う物なのだろうなと思う。

そう言う意味で言えば旅の出会いには似ているよなとは思うのだが。

 

高校の時にお世話になった人が言っていた。

「本当に逢う人はどっかで逢うし、その時に「久しぶり、元気だったか」って言ってお酒でも飲みに行けば良いんだよ」と。

 

実際にそれはそういう風に思うし、そういう人生を送って行きたいとは思う。

そしてそういう人を大切にしていきたい、とも。